あなたのポジショニングの3ステップ

ガサロン集客コンサルタント堀内(ミミ)です。


先日のメルマガ で、

『マーケティングには100の階段がある』

というお話をさせていただきました。

10mの壁をいっきによじ登ることは難しい。

でも、

10cmの階段が100段なら、
時間はかかっても、
最後まで上っていくことができますよね。


わたしは、
マーケティングも同じようなもの
だと思っています。


なにから始めればいいかわからない・・・

一生懸命やってるけど、
このやり方でいいのか不安・・・

読者もアクセスも増えてるけど、
その先のレッスンの申込が
入ってこない・・・(>_<)

そんな方から相談を
受けることも多いです。

多くの方の相談に乗ってきて感じることは、
結果が出ないとき、
失敗か成功、つまり
0か1かで考えている方が非常に多いこと。


結果が出ない = 自分はダメ = 失敗

結果が出ている = 自分はOK = 成功


これはある意味で、
正しい側面もありますが、
一方で、
大切なことを見失ってしまう考え方だと
思っています。


それはなにかというと、

【過程】から学ぶという側面です。


NLP(神経言語プログラミング)の
8つの前提にこんな素敵な言葉があります。


世の中に「失敗」はありません。

全ては「フィードバック」です。




「電球を発明した」人物として有名な
アメリカ合衆国の発明家、起業家の
トーマス・アルバ・エジソン
(Thomas Alva Edison)


エジソンは、電球を発明するまで一万回失敗したといいます。
一万回失敗したエジソンに、助手がこういったそうです。

助手「先生いい加減にしてください。一万回も失敗したから
もう無理です。」

エジソン「失敗ではない。このやり方では電気はつかなかったという
うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ」

そして、1万1回目に、電気がつく方法を発明しました。

もしエジソンが、1万回の「失敗」ととらえていたら
いまあなたの家には明かりがなかったでしょう

しかし、そのことをエジソンは失敗とは言わなかったんです。



今の現状を「失敗」ととらえてあなた自身で
あなたのモチベーションを下げるより
うまくいかなかった「フィードバック」ととらえて
それを参考に別の方法にチャレンジしてみる



もう少し言うと、

結果には確かに結びついてはいないが、
自分はここまではできている。

うまくいっている要因は○○をやっているから。

でも、ここからはできていない。

どうしてできないのか自分なりに考えてみると
●●が原因だと思われる。

ということは、
自分の課題は●●で、
それを解決するために
次は△△をやってみよう。


うまくいかないときにも、
こんなふうに、
自分はどこまでできて、
なにができないのかを
整理していくことで、
確実に成長し、課題を
ひとつひとつクリアしていくことが
できるんだと思います(^_-)☆


結果だけにとらわれていると、
過程における学習と成長が
止まってしまう。

同時、結果も止まってしまう。

マーケティングは、
このサイクルの繰り返しだと
わたしは思っています。


ただ、
闇雲にこのサイクルを
回していても、回り道をしてしまいます。

そうならないためには。
マーケティングでやっていくことを
細分化していって、
望ましい結果がでる行動戦略を立てて
それを1つ1つこつこつと
やっていけばいいんですね(^_-)☆

1つ1つやることがわかっていれば、
誰もが同じように結果を出すことが
できる、と思っています。

堀内は、
マーケティングのステップを
大きく【3つ】に分けて整理しています。

1.ビジネスの方向性構築
2.ポジショニング構築
3.セールスレター構築


の3つのステップです。

ポジショニングというのは、
「位置取り」のこと。

つまり、
他とどう差別化し、
どう自分独自の土地を創りあげるか、
ということです。

このポジショニングによって、
成果の8割は決まってくると
堀内は思っています。


ポジショニングは、
・ターゲット設定、
・テーマ設定、
・コンセプト創造
の3ステップで行っていきます。

まずは、
ターゲットを決めることから始めます。

そのときのポイントは、
「人間関係に悩んでいる方」
などあいまいな表現ではなく、
詳細に設定するということです。



ターゲットがある程度、
絞り込めたら、
次に行うことは、
テーマの設定です。

堀内の場合だと、

集客のコンサルタントを
しています。

ただ、「集客」という土地だと、
すでにたくさんの実績を持った方たちが
いらっしゃいます。

当然競争も激しいわけです。

そこで、
「集客」という土地のなかでも、
「ヨガサロン集客」という領域に
絞ってやっていこうとしたんですね。

当時、ヨガサロン集客で
コンサルティングをしている方は
ほとんどいなかったんです。

さらに、ヨガサロン開業で
結果を出している実績が
活かされています(^_-)☆


テーマの設定でのポイントは、
自分がやっているビジネスのテーマを
絞り込んでいって、
独自の領域をつくるということです。

ただ、
このテーマを設定しただけでは、
お客様を引きつけるには不十分です。

テーマの設定ができたら、
お客様にとって魅力的なコンセプト
をつくっていく必要があるんですね。

ここでいっているコンセプトというのは、
「魅力的なドア」といっていますが、
お客様が気になって、
思わず手を差し伸べて、
気がついたら、中に入っていた。
そんなドアのこと。

それくらい魅力的なほうがいいんですね。

そして、
「空気・空間・世界観」
と言っていますが、
あなたが提供する商品が、
どんな空気、どんな空間、
どんな世界観を演出できるのか、
リアルにイメージしてもらえるものがいいと思います。

堀内の場合には、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたのサロンが満席御礼に!!
90日で“固定客30名以上”を獲得し、そこから安定的に紹介リピートが入り出す
ヨガサロン集客7ステップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と言っています。

レッスンを開講したい!そして・・
好きなことを仕事にして安定したい!でも・・
集客ができない・・・
売り込みが苦手なんです・・・
あおってまで売りたいとは思いません・・・
いいものを提供すれば、必ずお客さんがつく
そう思っています・・・・
でも、どうしたらいいか方法がわかりません(iДi)

そんな方にとっては、
このコンセプトは魅力的であると思うんですね(^_-)☆


以上、

ポジショニングは、
・ターゲット設定、
・テーマ設定、
・コンセプト創造
の3つのステップで行っていくと
考えやすいです。

このなかでも、
特に集客という点で
重要なのが、
「コンセプト」です。

魅力的なコンセプトをつくることができれば、
それだけでも、お客さんが
どんどんあなたのブログに集まってくると
思います(^_-)☆

みなさんも
ぜひ魅力的なコンセプトを創造してみてくださいね(^_-)☆


歩きながら魅力的なコンセプトを出していくセッションもありますので、

もしひとりでお悩みの方は、お気軽にご連絡くださいね(^_-)☆


無料相談はこちら(^_-)☆




それでは、「続き」はメール講座で!(o^-')b・・・

↓クリックして、登録してくれたらうれしいです(o^-')b

 これからも引き続き心温まる応援宜しくお願いしますm(__)m





今日も素敵な1日を(o^-')b

Om shanti

Mimi


……★☆………………………………………………………………………

■<公式ホームページ>Yoga Shakti NLPスクール

■配信元
 Yoga Shakti NLPスクール 代表
ヨガサロン集客固定客が30名入る方法を提供するヨガマーケティングコーチ 堀内 瑞穂(ミミ) 


スクリーンショット(2010-09-05 20.00.42)

yogashakti_logo


All Copy Right Yoga Shakti NLP School since 2008

[PR]

by yoga_therapy | 2011-05-27 10:13 | ├ポジショニング戦略